医療法人西出医院 介護事業所
大阪府指定No.No.2779101811

介護事業所らくらくは大阪府淀川区東三国の在宅支援事業所です
〒532−0002 大阪府大阪市淀川区東三国6-10-1
TEL06-6396-5220
FAX06-6397-2539
トップページ >  らくらくスタッフブログ >  ひかりの春、もっと光を

らくらくスタッフブログ一覧

ひかりの春、もっと光を

2017年2月22日

8544da483fa6ab971a49af850b607094_s西出医院 介護事業所らくらくの介護支援専門員(ケアマネージャー)のIです。

今週の金曜日、2月24日から「プレミアムフライデー」が始まります。
「何のこっちゃ?」
「ハッピーマンデーと違うのぉ?」

プレミアムフライデーは、月末の金曜日に15時で仕事を終えるという取り組みです。
政府の試算によれば、経済効果は1200億円。年間では7200億円も見込めるとか。
例えば、金曜の夕方に出かければ、土曜と日曜に観光地や温泉でゆっくり過ごせるので、旅行の需要が増え、それに伴ってお金が回るということのようです。
祝日と組み合わせれば、もっと長期に楽しめそうです。

私がかつて勤務していたデイサービスは、日曜日は休みでしたが、土曜も祝日もサービスを提供していました。
介護報酬は土曜や祝日も、平日と変わりませんでした。
介護保険が始まって17年になる今も、休日に対する介護報酬上の評価(加算)はありません。
また、訪問介護のヘルパーさんも同じで土曜、日曜祝日にお年寄りのお世話をしても、介護報酬は平日と同じです。
さらに、ヘルパーさんの場合は要介護度が重くても報酬は同じです。
ヘルパーーさんや施設の介護職員の中には、ほかの仕事と掛け持ち(ダブルワーク)をして、少ない本業の給与を補っている方もいると聞いています。
プレミアムフライデーやハッピーマンデーで休みが増えるような業界(月給制のため、たとえ15時で終業しても給与に響かない)と、世界が違うと言えばそれまでですが、福祉や介護の最前線を支える人たちに光が当たるような施策(日祝日加算のほかに、雨の日加算、重度加算など)を期待したいなと思います。

※「雨の日加算」
  通所のお迎えやヘルパーさんが、雨や雪の日に活動したときに付ける。雨具の脱ぎ着などへの評価。
※「重度加算」
  認知症が酷い場合や要介護度の高い利用者にサービスをしたときに付ける。重介護の利用への対応を評価。

介護離職ゼロに向けて

kaigo_family先日、介護離職ゼロに向けての意見を聞きたい、とのことで総務省の方々が西出医院に来られました。
ご連絡頂いたときは驚きましたが、厚生労働省の「両立支援のひろば」に登録している内容や、ブログでの内容をご覧頂いた上で西出医院をご指名頂いたとのこと。
がんばっているのを見てくれている人がいるのはありがたい!


確かに、うちにはケアマネージャーもいるし、実際に介護を経験した(している)職員さんたちもいるし、社労士もいるし、職員さんたちに介護に関するアンケートを取ったこともあるし、意見聴取になんて最適な職場!とつい思ってしまいました(笑)

今の制度についてどう思うか、うちではどう取り組んでいるか、実際に職員さんからどういった相談があるか、など色々と意見交換をさせて頂きました。

改めて振り返ると、育児休業を取った人はたくさんいても、介護休業を実際に取った職員さんはまだいません。
(勤務時間を減らしたり、少しの間休んだり、休みを取りやすくしたりという方はいましたが。)

ただ職員さんたちの年齢的にも、そんな話が数年後一気に出てくる可能性は否めない。。。
育児でのお休みはある程度スケジュールがわかるけど、介護の場合は人それぞれ。
そうなったときに焦らなくていいように、色々と覚悟しておかないといけないことがたくさんあるなと感じました。

「介護で仕事をやめちゃだめ!」とご家族さんに普段お伝えしている側なので、
うちの職員さんたちがそんなことにならないよう、
「育児も介護も仕事も」がんばれる職場づくりをこれからも目指していきたいと思います。

(管理 岡田)

インフルエンザワクチンの大切さ

2017年2月21日

630494今年もインフルエンザ流行っていますね。
家族で受診される方も多いようです。


「らくらく」職員も、勿論、昨年秋には全員接種しています。
私たちが元気でいないと、いい仕事が出来ないから!
自分の為、利用者さんの為、家族の為に。
毎日、笑顔で利用者さんに接することが出来るよう健康管理に努めています。

インフルエンザの感染経路は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われています。
予防においてはマスク着用が飛沫感染防止に特に効果的ですがマスクのみでは完全ではないため手洗い、うがい。
最も感染を予防できる方法はワクチン接種ではないでしょうか。

(ケアマネージャー K・H)