医療法人西出医院 介護事業所
大阪府指定No.No.2779101811

介護事業所らくらくは大阪府淀川区東三国の在宅支援事業所です
〒532−0002 大阪府大阪市淀川区東三国6-10-1
TEL06-6396-5220
FAX06-6397-2539
トップページ >  らくらくスタッフブログ >  宝くじで高額当選した人だけがもらえる“秘密のパンフレット”がある?!

らくらくスタッフブログ一覧

宝くじで高額当選した人だけがもらえる“秘密のパンフレット”がある?!

2017年12月12日

takarakuji年末ジャンボ宝くじの一等賞金は前後賞合わせて10億円。

もし当たったら、1年1000万円の生活レベルで、なんと100年暮らせます。
もちろん、所得税も住民税もかかりません。
そんな高額当選の人だけに手渡される冊子があると聞きました。
高額な当選金を手にして、詐欺や財産トラブルなど不幸な目にあうことのないよう、ジャンボ宝くじの当せん金が大幅に引き上げられたのに伴い、2001年から全国の都道府県と指定都市で配布されるようになったようです。

冊子のタイトルは、
『【その日】から読む本 突然の幸福に戸惑わないために』。

中身は、「今すぐやっておきたいこと」「落ち着いてから考えること」「当面の使いみちが決まったら考えること」の3部構成で、時系列で具体的にアドバイスしているのだそうです。

超高齢社会を迎えて、巷に「終活」本が沢山あります。
先の宝くじの冊子を参考に、介護保険(サービス)の使い方を始め、満60歳になったら読む本、満65歳になって初めて介護保険証が届いたら読む本など、「突然の不幸に戸惑わないために」というのが必要ではないかと思いました。
介護支援専門員として、先の冊子のように3部構成でまとめていこうかなと考えています。
例えば、「今すぐやっておくこと」、「10年先の後期高齢者医療保険適用になるまでの間にしておくこと」「人生の最期、遺言」のように。
特に、介護サービスを使う前(元気なうち)にしておいた方がよさそうなことや、ケアマネージャーとして済ませておいてほしいことがいくつかあります。
来年は、そのようなテーマでブログを綴ろうかと考えています。

(居宅管理者 K・I)