医療法人西出医院 介護事業所
大阪府指定No.No.2779101811

介護事業所らくらくは大阪府淀川区東三国の在宅支援事業所です
〒532−0002 大阪府大阪市淀川区東三国6-10-1
TEL06-6396-5220
FAX06-6397-2539
トップページ > らくらくスタッフブログ > 「心を高め合う、認知症ケア」

らくらくスタッフブログ

「心を高め合う、認知症ケア」

2017年11月21日

kaigo_family認知症についての研修会に参加してきました。

認知症の方のケアに入らせて頂く事も多く、日々、どのように対応すればいいか悩む事もあります。
今回初めて認知症の研修に参加させて頂き、とても勉強になりました。
そしてもっと知識と技術を深めたいなという気持ちになりました。

講師の方もとても色々な経験を持たせている方で、豊富な経験談をお話し頂けてとても良かったです。
講義の内容は、認知症の方とのコミュニケーションの取り方のお話が中心で、プロの対人援助職としてその技術を身に付けましょうということでした。

その色々なコミュニケーション技術の中で、私が大切だなあと感じたことが5つありました。

1つめは、
自分の感情は横に置いて、しっかりと話を聴くということ

2つ目は、
認知能力は落ちても感情はしっかりと残っているので関わり方はとても大切だということ

3つ目は、
目の前で起きている状況の対処も重要ですが、認知症の方ご本人のお困り事の解決から考えていくことが大切だということ

4つ目は、
色々なトラブルなどに直面した時は「一歩下がる」「一呼吸おく」という事も技術として身につけておくということ

5つ目は、
ご本人が安心するためのウソはOKだけれど、それが平気で当たり前になってはいけないといいうこと

研修会の内容については、らくらくの勉強会で発表させて頂きました。
現場で少しでも生かすことのできるよう心掛けていきたいと思います。

最後に、、、
認知症の方と介護者の気持ちは合わせ鏡の関係になっているので、適切なかかわり方で接していくことが大切で、だからこそ技術として見につけていかなければならないのです。

(ヘルパー E・H)